加圧トレーニングとは
加圧トレーニングとは

加圧トレーニングとは、発明者佐藤義昭が45年以上にわたり研究を重ね生み出された メソッドです。
腕や脚のつけ根に専用ベルトを巻いて加圧し、血流量を適度に 制限した状態で行うトレーニング方法です。
これにより、血液中の乳酸が急激に上昇し、若返りホルモンと呼ばれる「成長ホルモン」が最大で通常の290倍にまで増加します。
加圧トレーニングは「成長ホルモン」などの体内から分泌されるホルモンの分泌を促進するとともに、さまざまな医学的、生理学的効果が得られるため、医療、健康、スポーツ分野に限らず、航空宇宙医学分野においても研究が進められています。


加圧トレーニングの特徴

加圧トレーニングの最大の特徴はきわめて軽い負荷で、しかも短時間で絶大な効果を発揮するという事です。


成長ホルモンの効果

体の成長、若返りに多大な効果をもたらしてくれます。


よくある質問
血流を制限するとは血を止めることですか?
違います。
適正な圧力で制限するのであって完全に止めてしまうわけではありません。
適正な圧とはどのくらいですか?
人によって違います。
加圧する圧力にはその人に合った適正な値があります。
個々人によって、又その日の体調によって適正な圧は変わりますので、専門のトレーナーによる適正な圧力設定が大切となります。
血流を制限すると体に悪影響は出ませんか?
適正な圧力なら大丈夫です。
加圧トレーニングにとって、最も重要なのは適正な圧力です。これによって適切に血流を制限し、効果が上がります。
制限しすぎると、血液が筋肉に流れなくなり虚血状態に陥ります。素人判断で加圧を行うのは大変危険です。
軽い重荷でも効果が上がると聞きましたが?
500mlペットボトルで充分です。
トレーニングと聞くと、重いダンベルなどを持ち上げなくてはならないと思い ますが、加圧トレーニングなら500mlのペットボトルで充分に効果が上がります。
筋肉ムキムキになりたくないのですが・・・
ボティービルダーのようにはなりません。
ボディービルダーのようなムキムキな筋肉は、特別なトレーニングと食事制限等を行って作っていきます。
通常のトレーニングではバランスのよい筋肉をつけ、基礎体力の向上、ダイエット、シェイプアップを目指します。
加圧トレーニングはやればやるほど効果がありますか?
基本的に週2回が限度です。
トレーニングの間隔は2~3日あけるようにします。通常のトレーニングの何倍も効果があるので、毎日必死にやる必要はありません。適度なトレーニングで長く続けるほうが、効果は上がります。
トレーニングする際は何を用意しますか?
以下の物を用意します。
・袖のあるトレーニングウェア(半袖以上、ノースリーブは不可)
・ひざ下以上のトレーニングウェア(ジーパンのような厚手の生地は不可)
・室内用シューズ(裸足でも可)
・飲み物(ペットボトル等)
・タオルをご用意下さい。